hadapurotani

早めのケアが大事…大人ニキビの色々

 

 

ニキビは思春期にできるもの、と思っていた方も、大人になってから悩まされることが多い「大人ニキビ」

20代〜30代過ぎた年齢の方が悩まされる、いわゆる「大人ニキビ」というのは

思春期にできるニキビと何が違うのでしょうか。

 

Decorative clover leaves on a white bowl

あなたのそれ、本当にニキビ?

 

大人になってできるニキビの中には、通常の治療を行ってもよくならない場合があります。

なぜニキビが治らないのか、原因を考えてみる必要がありますね。

大人になっても治らないニキビの中に、ニキビとよく似た症状を呈する “ざ瘡様酒さ” という

赤ら顔の分類に属する疾患もあります。

毛細血管拡張を伴う赤ら顔(酒さ)には食べ物と関連している場合もあります。

特に鼻や頬に多く出現し、場合によっては脂腺の過形成が起こり、

炎症性の腫瘤が目立つようになることもあります。

ニキビと赤ら顔はまったく別の皮膚疾患なのですが、症状が似通っているため間違われることがよくあります。

また、赤ら顔は男性ホルモン(アンドロゲン)による影響を受けません。

赤ら顔(酒さ)は名の通り顔以外の胸や背中にできることもありません。

日光や香辛料の強い食べ物、熱い飲み物や間違ったスキンケアによって起こることもあり、

最近では遅延型食物アレルギーとの関連性もいわれています。

 

それでは、赤ら顔ではなくニキビだった場合……どういった原因で発生してしまうのでしょうか?

 

ストレスとニキビの意外な関係

 

ニキビは男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌に関連しています。

ストレスは、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌を増やします。つまり、ストレスによってニキビが

悪化するということになるのです。ストレスによって日常生活のバランスがくずれると、

肌状態に影響してくるのはそういう作用もあります。

尋常性乾癬やアトピー性皮膚炎のような皮膚疾患は男性ホルモンに関与しているものではありませんが、

精神神経系と密接につながっており、ストレスの影響を受けやすいのです。

 

ニキビはどのような段階で治療をはじめるべき?

 

picture of calm beautiful woman in massage salon

 

ニキビの治療がおくれたり、適切な治療がなされていない場合、ニキビ跡として

残ってしまう可能性が高くなります。

それゆえに、ニキビができたと感じたら外用薬を塗るなど早めの処置を行うべきです。

よく使われるのは抗生物質(ダラシンゲル®)や過酸化ベンゾイル(ベピオゲル®)などですが、

何を使うべきかよくわからない場合は皮膚科を受診しましょう。

治療方法はニキビの状態や炎症の程度などによって異なりますが、必要に応じて抗生物質や漢方薬の内服、

ケミカルピーリング、ビタミンCなどのイオン導入などの治療を行います。

最近は、治療の進歩によりニキビ跡をほとんど残さない有効な治療法がありますので、

ぜひクリニックで相談して見てください。

 

◆ 化膿したニキビは膿を出してしまうべき?

 

原則として、赤く腫れあがった状態のニキビは手でつぶしたり、さわったりすべきではありません。

ひとまず抗炎症作用のある外用薬をぬりましょう。ニキビを排膿すべきかどうかはクリニックを受診し、

医師に判断してもらったうえで処置を行ってもらいましょう。

そして過酸化ベンゾイル、抗生物質の軟膏などによりアフターケアをしっかりすることも大切です。

ニキビ跡が懸念される場合にはトレチノインゲルなどを使うこともあります。

確実な処置により早く治療が行われればニキビ跡を残さずきれいに治すことができます。

大人になってから悩むことも多いニキビ。

処置が遅れると跡になってしまい、その後ずっと悩みの種になることも……。

そうなる前に正しいケアを行い、積極的な治療を行なっていくことをお勧めします。

 

美容皮膚科医

美容皮膚科医 (谷 祐子)
の記事をみる

 プロフィールを見る

~広尾プライム皮膚科~ 院長

1993年広島大学医学部卒業、
大学病院にて形成外科、整形外科、都内美容皮膚科を経て、
2009年広尾プライム皮膚科勤務。

• 医学博士
• 日本形成外科学会専門医
• 日本臨床皮膚外科学会専門医
• 日本美容外科学会会員
• ドイツ医師免許(Approbation in Deutschland)

◆美容医療歴
15年以上

◆血液型
O型

◆趣味/マイブーム
室内楽ピアノ、主にヨーロッパ旅行/ドイツ語、ドイツ語

◆人から言われる長所と短所
長所 ~ 明るく楽しい

短所 ~ 気が多い

◆好きなタイプ
食べる、飲むことが好きで健康に関心のある人

◆好きな言葉
愛は胃袋をつかむ "Die Liebe geht durch den Margen"

◆口癖
「そうかもね」「なるほどね」


関連記事


カテゴリー

広告

最新記事

  1. omukai

    2017.08.17 | 健康, 健康・フィットネス

    O脚を改善してスラリ美脚に!自宅でできるストレッチでO脚改善にトライ
  2. yoshizawa

    2017.08.14 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法

    ドクターもオススメ「APPS」は美肌の万能薬
  3. hujiwara

    2017.08.10 | 季節の美容法

    女性は夏に年を取る!?肌の老化を防ぐ正しい夏のスキンケアとは
  4. tani

    2017.08.07 | ニキビ, 悩み・トラブル解消法

    ドクター指南、身体にできるニキビの治し方
  5. ayuzawa-a1

    2017.08.03 | 季節の美容法

    日焼けのあとを残さない!効果的な日焼け対処法
  6. ayuzawa1

    2017.07.31 | おすすめ

    脱毛の疑問に答えます!【私の脱毛体験記】
  7. nishiyama1

    2017.07.27 | メンズ美容

    意外と知らない髪にも年齢が「頭皮ケアで髪のアンチエイジング」
  8. omukai

    2017.07.24 | 季節の美容法

    シミはあらゆる角度から防御して予防!シミのない美肌になるために
  9. yosizawa7

    2017.07.20 | 悩み・トラブル解消法, 毛穴

    シーンに合わせたクレンジング選びで毛穴レスへ…あなたに合ったクレンジング剤とは?
  10. 20170717

    2017.07.17 | 健康, 健康・フィットネス

    夏に向けてくびれを作って美ボディへ!簡単エクササイズ紹介

悩み・トラブル解消法

  1. yosizawa7

    2017.07.20 | 悩み・トラブル解消法, 毛穴

    シーンに合わせたクレンジング選びで毛穴レスへ…あなたに合ったクレンジング剤とは?
  2. taniguti7-1

    2017.07.06 | シミ, 悩み・トラブル解消法

    シミの種類を知って徹底退治…シミ治療の成功のカギとは
  3. tani6-2

    2017.06.26 | ニキビ, 悩み・トラブル解消法

    ニキビができるのは何歳ごろ?自然に治る?女医が教えるニキビ知識
  4. taniguti531

    2017.06.08 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法

    新発想の「飲む日焼け止め」とは?気になるその効果をご紹介
  5. takahasi6

    2017.06.05 | 美容気学

    《6月》あなたの九星気学運気予報
  6. tanidr

    2017.05.25 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法

    グルテンフリーを意識した食事で老廃物ためない生活を!
  7. hadapuro22

    2016.12.21 | シミ

    あなたのシミはどんなシミ?自己診断は危ないシミ治療の理由 
  8. %e8%82%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

    2016.12.08 | その他の悩み・肌トラブル, 悩み・トラブル解消法

    赤ら顔の原因と対策…顔の赤みは美容皮膚科で治しましょう!
  9. %e8%82%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

    2016.11.29 | シワ・たるみ

    口元のシワ・たるみの原因を知って効果的な対策を
  10. Blond Hair.Beautiful Woman with Healthy Straight Long Hair

    2016.11.16 | その他の悩み・肌トラブル

    女性の薄毛・抜け毛の悩みはクリニックで解決!