tanidr

グルテンフリーを意識した食事で老廃物ためない生活を!

 

皆さま こんにちは!

グルテンフリーという言葉を知っている方はいらっしゃるでしょうか。

日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、欧米では数年前から「グルテンフリー」と書かれた

食品パッケージやレストランを見かけることが多くなってきたようです。

今回は、このグルテンフリーのことをご紹介したいと思います。

 

私とグルテンフリーとの出会いは「食物不耐症」から

 

私がグルテンフリーを知ったのは2年ほど前になります。

その頃私は、ある一定の食べ物を摂取して、6時間以上~数日の内に体の不調が出てくる

遅延型アレルギーのことを勉強していました。

この遅延型アレルギーに似ている症状を起こす他の病気に、「食物不耐症」という病気があります。

この病気は「非アレルギー性食物過敏症」とも言い、特定の食物を消化することが困難な病気です。

 

身近な例ですと、牛乳を飲むと必ずお腹を壊してしまう人がこの病気にあたります。

この人の場合は、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素がなかったり少なかったりするせいで

お腹を壊してしまうのです。また、アルコールに弱いのもアルコールの分解酵素がない、

または少ないので、これも食物不耐症の一種です。

この食物不耐症は、人によって症状も特定の食べ物も様々です。

ただ、生命を脅かすほどの症状は比較的出にくく、むしろ症状が軽いことが多いために

自分が食物不耐症だと知らない方も多いのではないでしょうか。

 

グルテン不耐症とうまく付き合ってトップに昇りつめたテニスプレイヤーも!

 

その頃、テニスの世界的に有名な選手であるジョコビッチ選手の執筆した本

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本に出会いました。

この本は、グルテン(小麦等に含まれる成分)不耐症という病気が発覚した彼が、グルテンフリー食を

取り入れることで、生まれ変わったかのように男子テニス界のトップに上り詰めていった

サクセスストーリーと、実際に使えるグルテンフリー食のレシピを知ることができます。

実は、私もジョコビッチ選手ほどではないのですが、小麦を含む食事が続くと、身体のむくみ、だるさに加えて

自律神経のバランスが悪くなり、めまいなどを日常的に感じていたのです。

もしや!と思い、グルテンフリーに目覚め、小麦を少なく摂る方法を試してみました!

私の場合は、意識的にパン・パスタ・うどんなどの、小麦を大量に摂取する食品を4週間ほどやめたのです。

すると、次第にむくみやめまいなどが改善していきました!

ジョコビッチの本では、このグルテン不耐症は5人に1人の割合で存在すると紹介しています。

また、現在、アメリカのデータでは遅延型小麦アレルギーの人は20人に1人と言われており、

さらにセリアック病というグルテンが全く体に合わない病気の人は133人に1人の割合で存在するそうです。

小麦は世界の様々な国で食べられているのに、本当は体に合わない人がこんなに多いとはびっくりですね。

 

グルテンとは一体何?

 

Wood spoons with whole wheat grains, wheat bran and wheat flour

 

グルテンとは、小麦やライ麦、大麦に含まれるたんぱく質の一種です。

グルテン成分の中のグリアジンが脳内で麻薬のような働きをして、グルテンを食べれば食べるほど

欲しくなるという中毒性があると言われています。

また、グルテンの取りすぎは、肥満、下痢や便秘などの消化器症状、ニキビなどの皮膚症状、

無気力感や集中力の低下、慢性的な疲労感、生理不順や月経前症候群、不妊症、

ぜんそくなどのアレルギー、などなど、様々な症状を引き起こすと言われています。

もちろん、グルテンの問題はすべての人に起こるものではなく、問題のない方がほとんどです。

あまり神経質になったりする必要もありませんし、グルテンフリーにすれば

痩せられるということでもありません。正しい理解が必要です。

 

手軽にできるグルテンフリー食 ~普段の食事~

 

日本向けのグルテンフリー食の基本は、米を中心の食生活を見直すということだと私は考えます。

和食の基本となる「まごわやさしいこ」(豆類、ごま、ワカメ、野菜、魚、シイタケ、イモ類、発酵食品)を

中心として、小麦やその加工品を避けることが大切です。

肉類、乳製品、卵などは必要量摂取してかまいません。

また、消化をしてくれる胃や腸のことを考えて、腹8分目までの食事までにとどめることも大事ですね。

皮膚がたるんだり、血管がボロボロになったり、視力が衰えたりという老化のきっかけになる物質として

注目されているAGEs(Advanced Glycation End Products 週末糖化産物)について説明してみましょう。

AGEはタンパク質と糖が加熱されることでできる物質で、タンパク質や糖が消化されずに

体内にとどまってしまうと体温でAGE化してしまい、老廃物となってしまうのです。

タンパク質と糖は分解できる量だけを食べる。過剰な摂取をしない。

これが食事は腹8分目までがいいと言われる理由です。

また、グルテンフリーへの意識は、いかに良質な炭水化物を必要量摂取するかということにも関わってきます。

糖質制限食が流行っていますが、人間は糖質なしには生きていくことはできません。

食べ物を消化し、その中から必要な栄養素を吸収し、老廃物を排泄するという一連の流れは、

人間に備わった素晴らしい能力の一つです。

 

Gesture of two hands (mother and son) on the grass holding planet Earth

 

終わりに

 

現代は、海外から美味しくて楽しくなるような食事が日本にどんどん入ってくる時代ですね。

グルテン不耐症の方もそうでない方も、美味しくて楽しい食事も大切ですが、

毎日だと胃や腸が疲れてしまいます。

疲れがたまると、身体のあちこちに支障が出てくるのはしょうがないことなのではないでしょうか。

普段は日本食で胃や腸を癒しましょう!

いろいろなものを食べられるのも、胃や腸が健康であるからこそです!

 

美容皮膚科医

美容皮膚科医 (谷 祐子)
の記事をみる

 プロフィールを見る

~広尾プライム皮膚科~ 院長

1993年広島大学医学部卒業、
大学病院にて形成外科、整形外科、都内美容皮膚科を経て、
2009年広尾プライム皮膚科勤務。

• 医学博士
• 日本形成外科学会専門医
• 日本臨床皮膚外科学会専門医
• 日本美容外科学会会員
• ドイツ医師免許(Approbation in Deutschland)

◆美容医療歴
15年以上

◆血液型
O型

◆趣味/マイブーム
室内楽ピアノ、主にヨーロッパ旅行/ドイツ語、ドイツ語

◆人から言われる長所と短所
長所 ~ 明るく楽しい

短所 ~ 気が多い

◆好きなタイプ
食べる、飲むことが好きで健康に関心のある人

◆好きな言葉
愛は胃袋をつかむ "Die Liebe geht durch den Margen"

◆口癖
「そうかもね」「なるほどね」


関連記事


カテゴリー

広告

最新記事

  1. fuji1

    2018.03.26 | 季節の美容法

    3月は肌トラブル多発!?敏感肌の人は要注意!
  2. yoshizawa

    2018.03.22 | 悩み・トラブル解消法, 毛穴

    【医師コラム】毛穴の角栓を撃退したい方へ…原因と徹底治療法
  3. ayu1

    2018.03.19 | 健康・フィットネス

    寝不足は美容の敵!美肌に必須の快眠と朝活のススメ
  4. taniguchi1

    2018.03.15 | おすすめ

    【医師コラム】美肌効果だけじゃない!ビタミンCの万能効果
  5. fujiwara1

    2018.03.12 | おすすめ

    アンチエイジングの救世主?注目の美容成分「フラーレン」
  6. nishiyama1

    2018.03.08 | メンズ美容

    酵素でダイエットもエイジングケアも?手軽に取り入れアンチエイジング!
  7. mita1

    2018.02.23 | その他の悩み・肌トラブル, 季節の美容法

    【医師コラム】乾燥肌を乗り切る、とっておきのアドバイス
  8. tani

    2018.01.29 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法, 未分類

     【医師コラム】毛穴治療も進化 ~Frenchshotによる新しい毛穴治療
  9. taniguchi1

    2018.01.25 | シミ, 悩み・トラブル解消法

    【医師コラム】レーザー治療はシミの救世主
  10. yoshizawa1

    2018.01.22 | 悩み・トラブル解消法, 毛穴

    【医師コラム】開いた毛穴・黒ずみ毛穴にお悩みなら…クリニックケアをご紹介

悩み・トラブル解消法

  1. yosizawa7

    2017.07.20 | 悩み・トラブル解消法, 毛穴

    シーンに合わせたクレンジング選びで毛穴レスへ…あなたに合ったクレンジング剤とは?
  2. taniguti7-1

    2017.07.06 | シミ, 悩み・トラブル解消法

    シミの種類を知って徹底退治…シミ治療の成功のカギとは
  3. tani6-2

    2017.06.26 | ニキビ, 悩み・トラブル解消法

    ニキビができるのは何歳ごろ?自然に治る?女医が教えるニキビ知識
  4. taniguti531

    2017.06.08 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法

    新発想の「飲む日焼け止め」とは?気になるその効果をご紹介
  5. takahasi6

    2017.06.05 | 美容気学

    《6月》あなたの九星気学運気予報
  6. tanidr

    2017.05.25 | おすすめ, 悩み・トラブル解消法

    グルテンフリーを意識した食事で老廃物ためない生活を!
  7. hadapuro22

    2016.12.21 | シミ

    あなたのシミはどんなシミ?自己診断は危ないシミ治療の理由 
  8. %e8%82%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

    2016.12.08 | その他の悩み・肌トラブル, 悩み・トラブル解消法

    赤ら顔の原因と対策…顔の赤みは美容皮膚科で治しましょう!
  9. %e8%82%8c%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab

    2016.11.29 | シワ・たるみ

    口元のシワ・たるみの原因を知って効果的な対策を
  10. Blond Hair.Beautiful Woman with Healthy Straight Long Hair

    2016.11.16 | その他の悩み・肌トラブル

    女性の薄毛・抜け毛の悩みはクリニックで解決!